良く使っていた (いる) 計算機

o HIPAC-103, OSは無し!! (教育大附属中学校時代)
当時もう既に珍しかったパラメトロン計算機。 僕が使っていた機械以外はその時点で、全て廃棄されたか博物館に入ったと聞かされた。 (トランジスタ以前の機械だから、まぁ、当然といえば当然の話。)
何故かマシン独立と主張するアセンブラ言語 SIP とかいうものまで装備して、 フェライト・コアの載った回路基板がもの凄く壮観だった、紙テープ入出力のドラム計算機。 (当時は平気で7単位紙テープを読めた。ついたあだ名がお茶の水博士。今では?) 隣の部屋にあった HITAC-10 II とキャラクタ・ディスプレイが輝いて見えた。

o オリベッティ製卓上電子(電気?)計算機 (教育大附属高等学校時代)
ニモニックでしかプログラムできない世界。 プログラムをアセンブラで書くのも当然という感覚は、 ここら辺で身に染み付いてしまった。(;_;)

o TI-59 (東工大、学部・修士課程時代)
磁気カードも使えたプログラム電卓。プリンタとセットで購入。 天体力学のシミュレーションを3週間掛けて実行したりしていた。 45分毎に2行印刷なんてしていると、確実に不眠症になれる。 特にそいつが枕元の机の上で動いてたりすると…。

o Hewlet Packard MX, RTE 4B (東工大、学部・修士課程時代)
研究室のメイン・システムであったミニコン。 洗濯機みたいな格好をした 50 メガのディスクが並んで置いてあった。 メモリも最初 500 キロしかなくて狭くてしようがなかったが、 メモリ・ボードはコンパチ品でも高くて買えなかった。 やむを得ず使用中のメモリ・ボードを引っ張り出してメモリ・チップを全部ひっこ抜き、 容量 4 倍の石に載せ替えた。 このおかげで当時としては驚異的な2メガの主記憶を実現し、 担当の CE 氏の目を白黒させた。 だって増えた分のアドレス信号は、完全に空中配線だけでできていたんだもの。
その他このミニコンには得体の知れないものが沢山くっついていて、私もミニコンを大型計算機に直接接続するシステムを Z-80 の one-board computer で作った。 こいつは端末の BSC をエミュレートし、大型計算機からは全画面ターミナルに見える。 ミニコンと大型計算機との間でファイルの転送ができると言うだけでも画期的であった。
この頃、研究の煽りで、プログラミング言語設計やコンパイラ作りが趣味になる。 (^^;;

o HITAC M-280/M-200, VOS3 TSS/BATCH (東工大、学部・修士課程時代)
平然と最大クラスのバッチ・ジョブを立て続けに流し、 計算機をブン回して負荷を掛けまくっていた。 一方、その割には、計算機センターでプログラム相談員などというものをして、 『正しい計算機の使い方』なるものを伝道していた(つもりだった)。
ここで身に付いた VOS3 や JCL に関する知識が、 IBM に入社後、思わぬところで役に立つようになる。 だって、そのとき時代は既に UNIX だったんだもの…。

o IBM 3081, VM/SP HPO (IBM、基礎研究所時代)
研究所のメイン・システム。作ったユーティリティの数は数知れない。 次項の 4361 があったおかげで、こいつはあまり僕の被害を受けないですんだ。

o IBM 4361, VM/SP HPO (IBM、基礎研究所時代)
バージン・マシンの OS インストールから管理運用まで、 全部一人でやっていたパーソナル・メインフレーム中型コンピュータ。 こんな経験はそうできるものではない。
また、 IBM の SE, CE 諸氏と色々な話をすることもでき、 普通の研究員では経験できない事も多くて非常に得る所も多かった。 とはいえ、面白いだけでもなく案外大変な所も多かった。 せめて浮かせた SE 代を 200 万くらいでもいいから、 プロジェクトの研究費に回して欲しかったなぁ…。
こいつを一人で使っているとさすがに速く感じた。 でも、よくよく考えてみると、 最近のワーク・ステーションよりきっと遅いに違いない。

o IBM 5570, DOS + OS/2 (IBM、基礎研究所時代)
会社の自席に置いていたパソコン。 当時としては巨大なメモリ (16メガ) とディスク (340メガ) を持ってはいたが、 所詮はパソコンだった。

o Apollo Domain DN-3000, AEGIS (Domain/UX)
24回ローンで初めて買ったコンピュータらしい (?? 定義不明 ??) コンピュータ。 (元)アポロの人達には、今もなお、本当にお世話になっている。 (_o_)
ほとんど天体力学のシミュレーションの、数値積分と3次元グラフィクスに使われた。 また Display Manager のマクロを組み合わせてワード・プロセッサにし、
インタプリタ進化論の 原稿書きに使われた。
この頃まで、周囲の人々は何故私が計算機を所有していないか不思議がったが、 パソコンは何となく "あほらしゅ〜" てどうしても買う気になれなかったというのが真相。 OS は Apollo の AEGIS が気に入ってしまい、 結局 UNIX はインストールしてあってもほとんど使わなかった。
今日日の URL 表記でホスト名の前に // を付けて path name に prefix するのも AEGIS の network resource 名を手本にしたに違いない。 しかし何で path name に環境変数を使えるような OS が もっとメジャーにならないのだろうか。 ゼェェェッタイ便利だと思うのに。 今度、 FreeBSD に実装できないか考えてみよう。

o IBM RS6000, AIX (IBM、CIM-PO 時代)
初めて触った UNIX マシン、 と言っても実際は AIX だから Apollo と同じようなものか?。 関連論文やソース・コードならその随分前から目にしていたが、 実現の仕方を知っていても使えないことが良く判った。 まあ、論文に出てくるのは大抵、カーネルの話だもんね。
「家にもワークステーションあるんでしょっ」とか言われて、 なぜか当然といった感じで root をやるはめになる。 ユーザ・インタフェースなんか、全然違うのにぃぃぃ…。 しかし、テキストファイルを vi でいじるだけでは管理できない UNIX なんて、 存在してもいいものなのだろうか。

o Sun SPARC Station/IPX, Sun OS 4.1.[1-3] (東大、博士課程時代)
東大大須賀研究室のマシン群。 入学早々研究室のシステムの root になってしまい、 そのうちに東大先端研の namemaster になってしまふ…。 どこか新しい所へ籍を移した時には、 ワーク・ステーションの root をやったことがあるなどとは、 口が裂けても言うものではない。 (x_x)

o IBM 5523-SV8, DOS/V (東大、博士課程時代)
大学でも自席にマシンがないと仕事にならないと思って購入したパソコン。 研究室のネットワークに繋いで使ったが、やっぱり所詮はパソコンだった。 自宅に持って帰ると Domain と SLIP で繋いで使っていた。 結局、自宅のアポロと学校の Sun を繋ぐ、 容量 80 メガのフロッピ・ディスクみたいなものだった?
今から考えるとこいつの値段で今はワークステーションに比肩するようなパソコンが買える。 くやしい。

o Sun SPARC Classic, Sun OS 4.1.3 (東大、博士課程時代〜現在)
2代目のプライベート・ワーク・ステーション。 こいつのおかげで快適に博士論文が書けたと思っている。 今は自宅の通信回線の手当がまだ充分でないので、 大学の実験室の隅に幾分控え目に置いてある。
学生時代の購入で、お金がなかったから、遅い狭い画面が小さい。 しかし、 Sun SPARC は無料のバイナリが沢山あるから嬉しい。 でも、だからって、 Solaris 2.x なんかには絶対しないぞ。 :-|

o Sun SPARC Station 10, Sun OS 4.1.3 (現在)
大学の教官室に置いてある研究用の機械。 特に変わったところもない当たり前の Sun である。 現在、中身を変わったものにしようと頑張っているところだが、 なかなか思うようにいかないところが辛い。
それどころか、夏の暑い日にディスクがスッ飛んでくれた。 何をか言わんや…。

o Aries Research Marixx-ss, SunOS 4.1.4-JLE1.1.4 (現在)
大学の研究室で使っている計算機。 詳しくは 研究室のホームページ へ。

o SGI Origin2000, IRIX 6.4.1 / Sun UltraEnterprise 1, Solaris 2.6 (現在)
大学の総合情報処理センターで運用している計算機。 正確にはこれだけでもないので、 詳しくは センターのホームページ へ。

o Sun Enterprise 450, Solaris 2.6 (現在)
大学の自分の研究室で使っている主力計算機。
研究テーマの中心にある『推論』を行ないやすくするために、 どうしても高速かつ大主記憶容量のマシンが欲しかった。 で、目を付けたのがこれ。
現在は、ディスク 90 GB ほどと主記憶 2 GB しかないが、 いずれは主記憶 4 GB とディスク 200 GB 程度とを達成したいと考えている。 少しぐらいディスクが死んでも良いような冗長構成をとるために、 ディスク・レイアウト設計はまるでパズルを解くような騒ぎになっている。
まぁ、 SCSI チャネルごと死んでも大丈夫なほどまで冗長化しよう、 っていうんだから無理もないか…。

 [go to HomePage]  [written & copyrighted by Masayuki Takata]