改良によって可能になる可能性


技術的な話に限れば、 特定の URL に対して専用のデータ転送用のプログラムを作成し、 各利用者がこのプログラムにファイル名などを指定する事によって、 大量の構造化された情報を WWW サーバに送り込む事も可能であると考える。

例えば、専用のプログラムによって、 FITS フォーマットの画像ファイルを WWW サーバに送り込む事も可能であろう。
誰がそのようなプログラムを作るかは別として。

 [M.T. HomePage]  [written & copyrighted by Masayuki Takata]