表と補間公式の利用


提供すべき情報がうまく計算で求められなかったり、 一回の演算に非常に時間が掛かるようなものであっても、 表引きと補間公式とを併用する事で、 非常に細かい時間間隔での情報を提供できる。

また、演算式に用いるパラメータを補間によって計算して、 非常に長い年月にわたる暦などの精度を高く維持する事も可能であろう。

 [M.T. HomePage]  [written & copyrighted by Masayuki Takata]